株式会社古河

どこまで小さく出来るかな?あまりの紙で作るゾウムシ

クラフトクラブの型紙を抜いた後の、まわりの部分の紙で作れる虫のご紹介です。あまりの紙の部分で作るのですから、それほど大きな物は作れない。
それならいっそどこまで小さく作れるのかなと挑戦してみたのがゾウムシです。

■ ゾウムシ、
昆虫網 コウチュウ目 
日本にもたくさんの種類がいますがそのほとんどが大きさが数ミリから2センチ程と、とても小さな虫です。
しかし、長い象のような口が特徴的で可愛らしいと、隠れたファンも多いようです。

作成に関しては、折るよりも型紙をカッターで切り取る方が大変でした・・・
きれいに切ろうとせずに、切り取った後に紙ヤスリで形を整える方が楽だと思います。

みなさんにも色々挑戦して頂こうと大きさ違いの型紙をアップしておきました。
腕に覚えのある方は是非チャレンジしてみて下さい。

ゾウムシ1サイズ違い、塗装仕上げ

 

 

これくらいのサイズで、私には限界でした。
お米にお経が書けるくらい器用な方ならもっといけるかもしれませんね。

ゾウムシ2_サイズ比較

型紙のダウンロードはここを右クリックして保存して下さい。

ファイバークラフト紙はインクジェットプリンタで印刷できません。
プリンタ用紙に印刷した型紙をファイバークラフト紙に貼り付けてカットしてください。
カットした後、型紙はファイバークラフト紙からはがして作り始めてください。
貼り付けには、貼ってはがせるタイプのスプレーボンドが便利です。

基本的に型紙の著作権は株式会社古河及びスタジオ・ノズに帰属します。
お客様が個人で楽しむ範疇での二次加工、公開等は自由です。
但し、下記のように使用する場合はご留意下さい。

○企業、団体が商業目的に使用することはご遠慮下さい。
○商業目的での二次加工(カタログ・チラシ・名刺など)、製造・販売などに関しましては弊社にご相談下さい。

投稿者:NOZ

 

投稿日:2014年2月27日   カテゴリー:クラフトクラブインフォメーション タグ:,