【ロールカット版】一般価格ではカットできない事例

ご支給いただくロール紙またはロール素材(不織布・布・ビニール等)において当社の一般価格ではカットできない事例をご紹介します。(一般価格はこちらをご覧ください。)

1,巻き癖の強い素材

当社ではシートカッターと呼ばれる機械でロール素材の裁断カットを行っております。その機械にかける前に、概ね1回の巻き返し作業が必要となります。ご自宅などで、丸めてあるカレンダーを手で巻き返す作業と似たような工程です。

巻き癖が強い素材は1回の巻き返し作業では巻き癖がとれないので、2回巻き返し作業を行います。その為一般価格よりお高くなっております。
「製造年が古い」「きつく巻いてある」「素材が薄い」などの素材に巻き癖が強い傾向が多くみられます。

シートカッターの機械


2,表面に艶(ツヤ)のない素材

当社では、上記の巻き返し作業を、作業台の上を滑らすように行います。

「艶がない素材」は作業台を滑らすように巻き返しすると表面に傷がついてしまいます。その為、通常行っている巻き返し作業ではない方法で時間をかけて行います。その方法は素材や巻き癖の強弱により変えています。

その作業は通常の巻き返し作業よりも時間がかかるので、一般価格よりお高くなっております。

 

3,素材にコシがない素材

コシがない素材は、シートカッターの機械から出てくるスピードを遅くしています。それは通常のスピードで機械にかけると、「真っすぐに出ない」「折れてしまう」「重ならない」などの機械を止める原因となる不具合が出るからです。

スピードを遅くするので、全体的な工程に時間がかかり、一般価格よりお高くなっております。

 

4,表面がツルツルしていない素材

不織布のように表面がザラザラしている素材や表面がヌメリがあるような特殊な素材は、重ねる工程が手作業になります。
そのため通常の作業より時間がかかり、一般価格よりお高くなっております。

5,その他

よくお問い合わせいただく素材で毛の生えたような「植毛」(別珍・スウェード・植毛・ビロード・コードゥロイなど)がございますが、当社の機械では切れません。そのため協力工場でカットしますので、お高くなります。
また、裏に紙が貼っていない布も当社では切れない場合が多いので、こちらは必ず事前に確認をさせていただいております。

上記のような事例から当社で扱ったことのないロール素材は、一度現物サンプルをお送りいただいてから加工の可否とお見積もりをご提示しております。

何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

(T)