株式会社古河

IconCat(R)ステッカーで笑いを・・・のお話。

DO NOT ENTERギフトショー2014春でのこと。新発売のIconCat(R)ステッカーを欧米風の外国人の男女がとても興味深そうに手に取っていました。

私は英語がダメなのですが、勇気を出してそばによると男性が「Do not enter.」と言いながらステッカーを指差し、満面の笑顔でこちらに話しかけてくれました。

これは国際交流だ!と思い私は「But he open.」(でも開けちゃった・・・と言ったつもり)と返すと1秒の間合いの後、爆笑してくれました。英語が通じたこととステッカーのデザインの【意味】が通じた二つの喜びで私も得意顔に。お2人はステッカーのサンプルが欲しいと名刺交換してお持ち帰りになりました。

IconCat(R)ステッカーは「だってねこだもん仕方ないよね」という場面をシンプルにデザインしています。このコンセプトを外国の方にも分かってもらえた、という事が嬉しかったのです。
しかしあの1秒の間合いが気になって、後日翻訳ソフトで私が言った「But he open.」を調べてみたら「しかし彼は開いている」と出てきました。

ステッカーの意味を笑ってくれたのか、私の英語を笑ったのか・・・。サンプルをお持ち帰りになったくらいだから、きっと前者だと信じています。

そのIconCat(R)に新デザインが加わり10種類になりました。詳しくはこちらをご覧下さい。
皆さんもIconCat(R)ステッカーで笑いをとってみては?

IconCatシリーズのご購入はこちらから
banner_ic2

(T)

投稿日:2014年2月17日   カテゴリー:ねこ缶風インフォメーション タグ:,