株式会社古河

ラッカー系?アクリル系?塗料の違いについて

今回は塗料の違いについて少し解説したいと思います。

模型用のラッカースプレー、よく見ると、アクリルと書かれています。
水性アクリル塗料はもちろんアクリルと書かれています。

塗料

これらの塗料の主成分は、有機溶剤、樹脂、顔料です。
そして、主成分の樹脂は両方アクリルと同じです。

では何がちがうのでしょうか?
それは有機溶剤の種類が違うのです。

この二つを区別する際、どちらもアクリル系と呼ぶと混同しやすい為、模型などで使われる塗料に関しては、ラッカー系のアクリル塗料をラッカー系、水性アクリル塗料のことをアクリル系と呼び、区別しているのです。

クラフトクラブの塗装には主にこの二種類を使い分けるのですが、ラッカー系の塗料の上からアクリル系の塗料を塗ることは出来ますが、アクリル系の上からラッカー系を筆などで塗ると、下地が溶けてくるので注意が必要です。

 

余談ですが、下の写真の左側にあるタミヤの水性アクリル塗料、かなり前のものです。

現在は右のような小さいサイズになっています。

左にある大きい物が(23ml)当時120円で現在のもの(10ml)より安い・・・一体いつ買ったものなんでしょう・・・

サイズ比較

投稿者:NOZ

投稿日:2014年2月14日   カテゴリー:クラフトクラブインフォメーション タグ: