株式会社古河

紙屋のおはなし

古河瓦版第2号を発刊しました

投稿日:2016年7月22日

㈱古河や業界の情報、加工についての豆知識をニュースレター形式でお届けする
【古河瓦版】の第2号が発刊されました。

今号は【薄い素材を断裁する際のコツ】を紹介しています。

ぜひご覧ください。

古河瓦版はこちらからお読みになれます →こちら

 

㈱古河断裁部流【薄い素材を切る方法】

投稿日:2016年7月5日

薄い紙や不織布などの素材を断裁する際に、バラバラになって困ったことはありませんか?
透かすと向うが見えるくらい薄いものやロール状ではなおさらではないでしょうか。

今回はそんな時に役立つ古河断裁部流「薄い素材を切るときのコツ」をご紹介します。

【薄い素材を切るときのコツ】

①ボール紙を1枚敷き、その上に平判状にカットした素材の半分量を置きます。

② ①の上に上質紙やクラフト紙などの紙を1枚置きます。

③残った半分を②に重ねて最後にボール紙を上に乗せます。

これをギロチン断裁機で切るとそろって仕上がるんです。

薄物断裁使用画像2
<上記のコツのように重ねて切った時の断面図>

でもこの仕事は意外と手間と時間がかかります。もし「時間が惜しい」「結構作業が大変そう」ということであれば、ぜひ私たちにご相談ください。

皆さま薄い素材を切るときに困ったことはありませんか?

株式会社古河断裁部のページでは、紙・ビニール・布等の断裁についての詳細がご覧になれます。
断裁部のページへ

(T)

じゅん散歩で紹介していただきました!

投稿日:2016年6月23日

2016年6月30日(木)放送のテレビ朝日「じゅん散歩」で㈱古河を紹介していただきました!
高田さんは私どもの「製本マーブル紙」に大変興味を持ってくださいました。
ご覧いただいた方、お問い合わせくださった方、ありがとうございました!!

(T)

巻いてある素材のカール(巻きぐせ)をとるという話

投稿日:2016年6月20日

巻いてある素材(紙・布・ビニールクロスや合皮)は、そのまま断裁すると【カール】します。巻いてあるのでそのクセがついている状態です。
そのクセをとるために断裁前に行う工程を【巻き返し】と言います。
普段の生活でも巻いてあるカレンダーを逆に巻いてカールをとる事があると思いますが、その作業を20m〜50mくらい行います。

世の断裁工場では最新式で熱をかけてカールをとる工場や機械で巻き返しをする工場もあります。
そんな中、私たちは手で巻き返しをしています。

巻き返しs
<写真:巻き返しの様子>

よくお客様から「どのくらいでカールはとれますか?」という質問をいただきます。
その際は「だいたい1週間ほど」とお答えしています。確実な日程をお答えできなくて心苦しいのですが、そうお答えする理由はカールがとれるのに決まった期間がないからです。

カールがとれる期間は素材や製造日の新旧、表面加工、季節によっても違います。
例えばビニールは比較的早く、逆に紙は時間がかかります。特に製造日が古くなればなるほどカールはとれません。
紙はカールがとれたと思っていても、時間が経つとまたカールしてきたりします。

そういった素材ごとに違う特徴を確認するにはアナログですが手で巻き返しをして確認しながら行うのが一番だと思っています。
巻いてある素材を切る際に困ったことがありましたら、ぜひ私どもまでお問い合わせください。

紙・布・ビニール・合皮の断裁については、断裁部のページで詳しく書いてございます。
断裁部のページへ

(T)

紙・合皮・クロスの断裁加工のよくある質問をまとめました

投稿日:2016年5月20日

紙、厚紙、クロス、合皮、巻物などカットしたいけど、どう相談していいのか分からない。それは皆さま同じようです。
そこで、これまでに私たちに寄せられた【切ること=断裁】に関する質問をまとめましたのでご覧ください。

 

Q.注文は個人でもできますか?

A.はい。これまでも個人様、趣味のサークル、個人事業主様などから御注文をいただいた実績がございます。

…続きを読む

古河瓦版発刊のお知らせ

投稿日:2016年4月26日

株式会社古河では、自社の取り組みや業界の話題など盛り込んだニュースレター【古河瓦版】を発刊いたしました。

この【古河瓦版】を通じ、お客様により親しみを持っていただき、一緒に新しい価値を創造していきたいと考えています。

ご一読いただければ幸いです。

古河瓦版の第一号はこちらからお読みいただけます

(T)

終了しました【展示会情報】ギフトショー 春 2016

投稿日:2016年1月21日

今年も「第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2016」に出展いたします。

—————————————————-

出展フェア名:ACTIVE CREATORS

会期:2016年 2月3日(水)~ 5日(金)

開催時間:3・4日:10:00~19:00

        5日 :10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト

出展場所:会議棟1階 レセプションホール

ブースNO:会067

出展者名:マーブル紙のシリーズ

—————————————————-

今回は創業当時からの取扱商品である製本マーブル紙を主役にした
商品群【マーブル紙のシリーズ】をそのまま出店者名にしました。

より多くの方に【マーブル紙】に触れて頂けたらという思いです

マーブル古河商品写真

また、その他に猫のオリジナルキャラクター【IconCat】のシリーズも展示致します。

IconCat_Green_img4

皆様のご来場を社員一同心よりお待ち申し上げております。

 

■開催概要や来場に関する内容等は公式サイトをご確認ください。

 ACTIVE CREATORS公式サイト

(T)

紙の厚さを測る①

投稿日:2016年1月20日

前回の記事の中の写真にあった紙の厚さを測る機械。0.01mmから測れる優れもの。

マイクロ

私たちの中では「マイクロ」と呼んでいますが、商品名はTeclock(テクロック)といいます。※ケースに書いてありました。

「コレと同じ紙を探してるんだけど…。」とサンプル(厚紙やファンシーペーパー等)を持って来社されるお客様がいます。ベテラン社員さんは見ただけで「コレは○○だよ」と言って、見本帳を取り出し、マイクロで厚さも測って確認するのです。

厚紙3

この様な感じです。

今ではネットで購入できますが、「今はもう買いに行ったお店は無いけれど、浅草橋の方に買いに行ったんだよ」とベテラン社員さんが教えてくれました。(ケースやマイクロを見る限り、年期が入ってます。)

紙の厚さを測りたい方が、ぜひ一度お越しください。測りに来るだけでも大歓迎です!

(F)

******************************************************************************************

厚紙を切るのにお困りではありませんか?

一般のお客様も大歓迎ですので、どんなことでも是非一度お問合せ下さい。

 お問合せはコチラからどうぞ   →お問合せフォーム

 紙を切ることに関してのページ→syousai

*************************************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚紙いろいろ②

投稿日:2015年12月16日

前回の記事の画像(右上のあたり)に厚紙の表記があったのをお気づきになられた方がいらっしゃるかもしれません。

気になった方もいらっしゃると思いまして、分解して少しずつ解説をしたいと思います。

厚紙いろいろ②

NSボール←商品名

#7←号数

<350g/㎡>←1㎡あたりの重量(g/㎡)

31kg←厚紙の場合100枚あたりの紙の重量(kg)

T目←紙の流れ目(たて目…紙の長い辺と同じに方向(平行)に繊維が流れている紙)

80×110cm←紙の寸法(cm)

50枚←1包あたりの入数(枚)

L判←JIS規格による寸法の言い方(80×110cm)

 64×94cm←紙の寸法(cm)=K判

 0.5mm厚←紙の厚さ(mm)

紙厚許容範囲:±0.03mm←紙の厚さが±が0.03mmまでは許容範囲となります

薄厚紙2 厚紙いろいろ②

金額格差…¥2/kg←キロ単価で¥2アップになりますという意味

出来るだけ分かりやすい解説にしたつもりですが、いかがでしたでしょうか。

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

(F)

******************************************************************************************

厚紙を切るのにお困りではありませんか?

一般のお客様も大歓迎ですので、どんなことでも是非一度お問合せ下さい。

 お問合せはコチラからどうぞ   →お問合せフォーム

 紙を切ることに関してのページ→syousai

*************************************************************************

 

厚紙いろいろ①

投稿日:2015年12月11日

厚紙にもいろいろと種類や商品名等があるのをご存知でしょうか。

もちろん厚紙というだけあって、厚みにも幅があるのです!

全体1

皆さんのイメージされる、いわゆる厚紙の厚さから、これも厚紙なの?という薄いものも含まれます。

例えば、

こちらの厚紙は厚さが1.44mmあります。

厚紙4

こちらは0.5mmです。

薄厚紙1

スマホで撮影したのですが、うまくピントが合わずにブレブレですみません。

もっと厚いのもありますので、 次回以降ご紹介しますね。

(F)

**************************************

厚紙を切るのにお困りではありませんか?

一般のお客様も大歓迎ですので、どんなことでも是非一度お問合せ下さい。

お問合せはコチラからどうぞ →お問合せフォーム

紙を切ることに関してのページ→syousai

 

ジャイアントペーパーフラワーって、知ってました?

投稿日:2015年11月26日

先日の日経流通新聞で【ジャイアントペーパーフラワー】という記事を読みました。
名前の通り「紙製の大きな花」ですが、写真を見る限りその大きさは大人の顔よりも大きい特大サイズ。
近頃では結婚式で使用されたり、病院のお見舞いに持っていったりとそのインパクトと枯れないところが注目されているようです。

紙屋の立場からすると、どんな紙でどうやってあんなに大きな花を花開かせるのだろう?とそこに興味がいきました。

ジャイアントペーパーフラワーを製作する会社もあります。こちらのFacebook ではその大きさを見ることができます。ビックリしますよ。
https://www.facebook.com/petaldesign.japan

ネット上にはジャイアントペーパーフラワーの作り方や型紙などを紹介するページもあるのですが、「自分で全部用意するのは大変」という方には朗報!ジャイアントペーパーフラワー専門サイト【ジーフラワー】さんでは来年にはキット化を予定していると記事にはありました。

キット化されればもっと注目を集めるかもしれませんね。来年のヒット商品になってたりして・・・
紙の新しい可能性が広がれば、紙屋としては嬉しいです!(うーん。何の紙を使っているのか気になります・・・)

(T)

厚紙を切るのにお困りではありませんか?

投稿日:2015年11月20日

厚紙を切ってくれるお店を探しているのだけれど、なかなか見つからない…。

1枚だけでも希望のサイズに切ってくれるかな?

注文したいけれど、どんなお店か知りたい!

このようなお悩みをお持ちのお客様がいらしゃいましたら、ぜひ弊社にお任せください!!

株式会社古河(ふるかわ)の加工部には、紙や布・ビニールを切る機械設備があります。
弊社自慢の工場長が、お客様のご希望のサイズにお切りします。

昔からお付き合いのあるお客様からは、「工場長の早くて丁寧な仕上げ」といったお褒めのお言葉をいただいております。

HP用

一般のお客様も大歓迎ですので、どんなことでも是非一度お問合せ下さい。

お問合せはコチラからどうぞ →お問合せフォーム

紙を切ることに関してのページ→syousai

(F)

紙・厚紙・布・ビニール・クロスの断裁ページを刷新しました!

投稿日:2015年9月4日

弊社断裁部のページを企業の方はもちろん、個人の方でも気軽にお問い合わせ頂けるように内容を変更しました。

個人の方は大きな紙や巻物の布を切る際に「まっすぐ切れない・・・」や「寸法がそろわない・・・」など、苦労していませんか? …続きを読む

【終了しました】すみだまち処でミニ製本体験のワークショップを行います!

投稿日:2015年7月24日

毎年夏休み恒例となってきました東京スカイツリーのお膝元ソラマチ5階の【すみだまち処】でのワークショップ。
7月31日〜8月2日の3日間、墨田区のものづくり企業がワークショップを開催します。
私たちの登場は8月1日(土)です。

今年は実際に製本屋さんが使っている製本テープを手で貼って、ミニ製本体験【オリジナルメモ帳を作ろう!】という内容です。
紙を選んだり、ハンコでデコったりして自分だけのメモ帳が作れますよ!

7月31日〜8月2日にスカイツリーへおいでの際には是非ソラマチ5階【すみだまち処】を覗いてみて下さい!!

株式会社古河のワークショップ日程
【ミニ製本体験 オリジナルメモ帳を作ろう!】
場所:東京ソラマチ5階 すみだまち処
日程:2015年8月1日(土)11:00〜17:00
参加費:400円(税込) 自分で作ったメモ帳1冊をお持ち帰りできます。

すみだまち処のホームページは→こちら

※イメージ ハンコでデコっちゃおう!
マーブルバック1

(T)

活版印刷のイベント

投稿日:2015年7月10日

【活版印刷】のイベントが東京・神田神保町にて開催中です。(2015年7月10日〜12日)
活版印刷のワークショップや活版印刷作品の展示販売などが行われるそうです。このイベントで、私たちのマーブル紙もちょこっとご紹介して頂けています。

最近、注目されている活版印刷。
久しぶりにいいお天気の週末になりそうですので、お時間ある方はお出かけされてみてはいかがでしょうか。

詳細は活版TOKYOのホームページをご確認下さい→こちら

(T)