株式会社古河

紙屋のおはなし

手描きの型紙で型抜き

投稿日:2018年7月20日

厚紙やケント紙などを型抜き加工をする際には、パソコンで作った「データ」が必要になります。データと聞くだけでハードルが上がる方もいらっしゃるかと思います。私もその一人です(汗)

でも、カルトナージュなどのクラフトをされている方は、頭の中にある図面をスラスラと「手描き」ができるのではないでしょうか?

パソコンでデータ作製ができなくても、手描きの図面があれば型抜き加工は可能です。ひとつの形につき数千円のデータ作製料がかかりますが、パソコン操作がハードルとなって加工をあきらめていたのであれば、是非一度ご相談ください。

紙の型抜きについての詳細は→こちら

(T)

紙を買うときは端数(はすう)が得か、包みが得か

投稿日:2018年7月17日

「紙の全紙(例えば788mm×1091mm)は何枚から買えるのですか?」というご質問を頂く事があります。

その答えですが、多くのファンシーペーパーは全紙を「包み」未満の「端数(はすう)」で購入することができます。いわゆる「バラ売り」です。1枚から買えます。
ケント紙や一部の上質紙などの白い紙も端数で販売している場合もあります。

端数のメリットは「必要な数量だけ手に入れることが出来る」ということですが、逆にデメリットとして包みよりも価格が「割高」になっていますし、簡易包装や丸めての納品という場合もあります。

「割高」について、それがどういった事か?を下の価格のような100枚包みの紙が有るとして見てみると、、、
 1~49枚までの単価 @181/枚
 50〜99枚までの単価 @146/枚
 100枚以上の単価 @76/枚
このような価格差が出る場合もあります。

 

さてこれくらいの価格差があるので、数量によっては「端数で買うより包みで買った方がお得になる」場合がでてきます。

先程例にした紙を端数の60枚で買うと、、、
 60枚×@146=¥8,760
これを包み100枚で買ってみると、、、
 100枚×@76=¥7,600
包みで買った方が約1,000円お得ですね。

紙によっても違いますが、包みの半分少し越えた位で価格が逆転する現象が見られます。
購入する際に包みの半分くらいの数量でお考えの場合は、一度「端数が得か」または「包みが得か」を購入するお店に聞いてみるといいかもしれません。当社の営業にもお気軽にお尋ねください。

もちろん必要のない紙を買って結局廃棄してはもったいないですが、余った紙はメモや包装紙などに有効活用してお得に紙をご購入されてはいかがでしょうか。

(T)

 

最近お作りしたもの~カルトナージュ用の型抜きと裁断~

投稿日:2018年7月12日

個人の方向けに加工のお仕事をさせていただいた後に、完成した作品の画像を送っていただくことがあります。

先日、カルトナージュ用で下記のようなお仕事をさせて頂きました。
使用した紙:2mm厚の片面白ボール
型抜き加工:やや大きめの円に2サイズ=各50枚の型抜き
裁断加工:数種類のご希望の大きさにカット

そのお客様から作品の画像を送っていただいたのですが、いつも見慣れている厚紙が素敵な箱になっているんです!これにはビックリ!!

レッスン前なので送っていただいた画像は、まだヒミツです。

その代わりにお寄せいただいたご感想を少しだけご紹介させていただきます。

————————————————————– 
自分でお願いしたサイズの紙の束に嬉しくて少々興奮気味です。
この度はいろいろと細かい相談にも丁寧に応対くださり本当にありがとうございました。
楽しくレッスンをすることができそうです。
————————————————————–

紙の魅力を最大限に活かしていただき、こちらこそありがとうございます!

(T)

古河瓦版11号を発行しました

投稿日:2018年7月5日

㈱古河や業界の情報、加工についての豆知識をニュースレター形式でお届けする【古河瓦版】の第11号を発行しました。

今号は1mから買える「プリント生地」のお話と、「製本マーブルの柄の謎」を掲載しています。
ぜひご覧ください。

古河瓦版はこちらからお読みになれます →こちら

(T)

続報、ボタンブローチ!

投稿日:2018年6月7日

以前、ボタンブローチの台紙になる厚紙を「円状にカット」をさせていただいたことをご紹介しました。
(以前の記事はコチラから)

その主催者の方からイベントで作ったボタンブローチの画像を送っていただきました。 …続きを読む

最近お作りしたもの~紙管の輪切り~

投稿日:2018年5月8日

ロール状の生地や紙を輪切り状に仕上げる加工を「スリット」といいます。

例えば、下の写真は段ボールをスリットしたものです。

ねこ用の段ボール爪とぎ

 

これまでも様々な素材をスリットしてきましたが、先日珍しいスリットのお仕事をさせていただきました。

それは「紙管のスリット(輪切り)」です。 …続きを読む

最近お作りしたもの~ボタンブローチの台紙~

投稿日:2018年4月11日

「ボタンブローチ」って聞いたことありますか?
捨てられないボタンや予備のボタンなどをリメイクしてできるブローチだそうです。

先日、そのボタンブローチの講座をされている方からご相談をいただき、ボタンブローチの台紙になる厚紙を円にカットするというお仕事をさせていただきました。

ご注文は1mmくらいの厚さのチップボール(グレー厚紙)を5cm直径の円に50枚カットするというものです。 …続きを読む

紙などの型抜き

投稿日:2018年3月19日

 

個人の方、大歓迎!

趣味で、教室で、学校で

紙などの型抜きが必要ではないですか?

 

そんな時は

㈱古河にお任せ下さい!!

…続きを読む

古河瓦版10号を発行しました

投稿日:2018年3月12日

㈱古河や業界の情報、加工についての豆知識をニュースレター形式でお届けする
【古河瓦版】の第10号を発行しました。

今号は卒業アルバムに使われる「布」のお話と、「カルトナージュ体当たり体験記」を掲載しています。
ぜひご覧ください。

古河瓦版はこちらからお読みになれます →こちら

(T)

横に切ることはカット、縦に細長く切ることは?~スリット加工のお話~

投稿日:2017年12月19日

スリット加工はご存じですか?スリット加工とはロール状の布や紙製品を、ご希望の一定の幅や長さに連続断裁しながら巻き取る事を言います。

…続きを読む

古河瓦版第9号を発行しました

投稿日:2017年12月15日

㈱古河や業界の情報、加工についての豆知識をニュースレター形式でお届けする
【古河瓦版】の第9号を発行しました。

今号は巻物を「スリット」するというお話と、当社周辺の名所をご紹介する新コーナー「ちょっとそこまで」を掲載しています。
ぜひご覧ください。

古河瓦版はこちらからお読みになれます →こちら

(T)

カルトナージュ体験記

投稿日:2017年12月8日

カルトナージュ初体験してきました!

遡る事2か月前、お誘いを頂いた時には二つ返事で「参加します!」とお答えしたものの、「青山」という場所と女性陣の中に男1人というシチュエーション、さらに初心者ゆえに迷惑をかけてしまうのではないかという不安から、すぐにビビってしまいました。

でもそんな不安は何のその、終わってみれば素敵な作品を仕上げることが出来ました。 …続きを読む

小ロット向け!【紙の1000円カット】

投稿日:2017年11月20日

当店でご購入いただいた紙(チップボールなど)をご希望のサイズに断裁するサービスです。
(直線断ちのみのサービスです。丸や三角形などのカットは別途お見積りとなります。)

カルトナージュや工作、台紙に使う紙などを

ワンサイズにつき、仕上がり50枚まで1,000円!でカットします。

少量使用する際に便利なサービスです。

例えば・・・ …続きを読む

シートカットの静電気対策に強い味方

投稿日:2017年11月7日

朝晩がすっかり寒くなってきました。
これからの季節で気になるといえば・・・【静電気】ですよね。不意打ちの様にピリッと来るのは嫌ですが、来ると分かっていながらドアノブを触らなくてはいけない恐怖も嫌ですね。
そんな時はドアノブに触る前に横の壁に触るといいと聞きました。今年はそれを実践してみます。

さて、実はこの静電気、断裁加工をするときの天敵でもあります。素材同士がこすれるときに静電気が起こりやすく、乾燥していればなおさらです。シートカッター(巻き取り断裁機)でビニールや布、紙などをカットしていますが、冬場は静電気で素材がくっつき作業効率が悪くなるのです。

そこで活躍するのが【静電気除去装置】です。

シートカッターに設置されたこの装置が、静電気を ”うまいこと” 除去してくれます。(仕組みは難しくてうまく説明できないのですが・・・)

そんなわけで、これからの季節も問題なし!この装置がフル回転するくらいのご注文お待ちしています!

 

紙やクロスの断裁についてはこちらのページをお読みください。

(T)

小ロットにおすすめプロッターカット

投稿日:2017年10月16日

数は多くないけれど、同じ形にカットしたい!

そのような時は、機械に装着された刃がデータ通りに切る加工方法【プロッターカット】をおすすめします。 …続きを読む