株式会社古河

紙の博物館で立体アート

紙を重ねて立体的な絵を描く太田隆司さんの3作品が、東京・王子の【紙の博物館】で開催中の【さくら〜王子で楽しむ花見】で5月31までご覧になれます。
太田さんの作品は、テレビにもたびたび登場するのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。
実は私も以前テレビで知った太田さんの作品を見たくて展示会に行ったことがあり、紙がどうやって立体になるのか?という不思議な感覚と驚きでいっぱいだったのを覚えています。

そしてこのアートのもう一つの楽しみは【犬】
太田さんのアートには犬がいつも登場しているので、絵ごとに犬を探すのも楽しいですよ!
新作は17日からの展示だそうです。桜は散っちゃいましたけど、紙でお花見はいかがでしょうか。

休館日がありますので【さくら〜王子で楽しむ花見】の詳細は
紙の博物館のホームページでご確認下さい。→こちら

(T)

投稿日:2015年4月10日   カテゴリー:紙屋のおはなし タグ: