株式会社古河

クラフトクラブを綺麗に作るポイント、折り曲げ方のコツ

クラフトクラブを作ってみて、なかなかうまくいかないという方がたまにいらっしゃいます。その原因として、主に二つの重要なポイントが考えられます。

まず一つ目は、折り目がきちんと折れてなく、開いていることです。
クラフトクラブは紙に水をつけ、柔らかくしてから折り曲げる為、曲げた直後はどうしても折り目が開いてしまいます。
ですから紙が完全に乾燥してからもう一度折り目をきつくしめなおす必要があるのです。

もう一つは足や胴体等に、十分な丸みが付いていないことです。
この丸みによって折り目がきつくしまる効果も兼ねているからです。

一か所づつ、丁寧に仕上げて行くのもいいですが、
一通り折り曲げ終わってからでも、折り目が開いている所や丸みの足りない部分を修正していくと、仕上げは見違えるほど変わっていきます。
どうしても上手く行かない所は接着剤を使うと楽に修正が出来ます。

 

●折り目や丸みが足りない状態

 

●上の物に丸みをつけ、折り目をしめなおしたもの。形がぐっと引き締まりますね。

 

●左が修正前、右が修正後

小さいお子様が作った後に、仕上げを手伝ってあげるのも、いいコミュニケーションになるかもしれませんね。

投稿者:NOZ

 

投稿日:2014年2月11日   カテゴリー:クラフトクラブインフォメーション タグ: